yentaユーザー利用規約 (ver2.0)

第1条第1項に定めるyenta会員は、株式会社アトラエ(以下、「当社」という。)が運営するサービス「yenta」(以下、「本サービス」という。)及び「yenta」に附随するアプリケーション及び関連ソフトウェア(以下、 「附随アプリ」という。)に登録し、これらの全て、または一部の利用を開始するにあたり、以下の規約(以下、「本規約」という。)に同意する。


第1条(用語の定義)

本規約において使用する用語の 定義は、以下のとおりとする。
(1)yenta会員 — 当社が本サービス上において予め指定する方法で、本サービスに会員登録した者をいう。
(2)プロフィール情報 — yenta会員が本サービス上に登録する自己紹介・ 画像・学歴・職歴・技能・資格・経歴等に関する情報をいう。
(3)利用企業 — 当社と本サービスの利用契約を締結している企業をいう。


第2条(個人情報の取扱い)

(1)個人情報(プロフィール情報を含むが、それに限定されない。以下、本規約において同様とする。)の取扱いについては、当社プライバシーポリシーに記載する。
(2)個人情報の取扱いについては、yenta会員の承認なしに第三者には開示、提供しないものとする。但し、下記各号に該当する場合はこの限りではない。
① 利用企業、他のyenta会員に開示、提供する場合。
② yenta会員自らが本サービス上の機能、各種ソーシャルメディア独自の機能、又はその他 の手段を用いて第三者に対し登録の事実、プロフィール情報、その他個人情報を明らかにする場合。
③ プロフィール情報以外の情報により、期せずして本人が識別できてしまった場合。
④ 国の機関若しくは地方公共団 体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、yenta会員の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
⑤その他、法令等により本人の承 諾なく第三者への提供が認められている場合。
(3)当社は、本サービスの利便性の向上、広告効果の最適化、広告の配信及び統計データの取得のために、以下の情報を収集し、AppsFlyerとその連携先の広告メディアに渡すことができる。
ただし、これらのデータは匿名であり、氏名、住所、生年月日などの個人情報を含まない。
・デバイス情報
デバイスのIDや種類、デバイスごとの設定やアプリケーションの設定/特性、アプリケ ーションのクラッシュ、広告ID(GoogleのAAIDやアップルのIDFAなど)、言語、OS、yenta会員のデバイスやブラウザを区別するクッキー情報などの技術に紐づけられた識別子(IMEI/UDID、MACアドレスなど)。
・アプリ 内行動履歴情報
上記デバイス情報に紐付けてトラッキングされたログイン日時、スワイプ数、マッチング数、送受信メッセージ数などのあらゆるアプリ内行動の発生の有無や発生数。
・Cookie情報
本サービスのサ イトにアクセスしたyenta会員の閲覧したページ、利用時間帯などの行動履歴情報を取得する。

*デバイス情報やCookie情報のオプトアウトについて
以下のURLから、端末固有識別ID等の情報は、yenta会員個人でオプトアウトできる。
AppsFlyerプライバシーポリシー
https://www.appsflyer.com/optout
なお、クッキーの送受信に関する設定方法については、ブラウザによって異なるため、自らが利用するブラウザの「ヘルプ」ページから確認するものとする。

*行動ターゲティング広告のトラッキング制限について
お使いのデバイスのモバイルアプリ環境における広告トラッキングを制限することもできる。その最も効果的かつ最新の方 法については、これらのデバイスメーカーが提供する手順を参照。
iPhoneやiPadなどのデバイス広告で広告トラッキングを制限する方法について
https://support.apple.com/ja-jp/HT202074
Androidデバイスで選択を表明する方法について
https://support.google.com/ads/answer/2662922?hl=ja


第3条(本サービスの内容)

本サービスは、ビジネスを行う目的を有する人との出会いや友達との再会をサポートするサービスである。本サービスは、無料サービスと有料サービスで構成される。

第4条(利用資格)
(1)yenta会員になることができる年齢は16歳以上とし、本サービスの利用について親権者その他の第三者の同意を必要としないものに限られる。
(2)yenta会員は、本サービスをご利用になることによって、本規約の全てに従う権利、権限、義務および能力を有すると表明し、保証する。
(3)本サービスは、現在yenta会員の 犯罪経歴調査は行っておらず、経歴も問い合わせず、申告の確認も行っていないため、他のyenta会員について、この点を当社が保証するものではない。
(4)当社は、yenta会員について、いずれかの犯罪経歴調査や他の 審査(例:性的犯罪者登録検索)を、いつでも、利用可能な公的記録を使用して、行うことができるものとしますが、これを行う義務を負うものではない。
(5)本サービスは、現在または今後のyenta会員の行為や整合性に関して、保証しないものとする。
(6)当社は、yenta会員が下記の事由に相当する場合は、会員登録の拒否を行うことが出来るものとする。
①本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
②当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
③過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合
④その他、当社が登録を適当でないと判断した場合


第5条(無料会員 と有料会員、および利用料金)

(1)本サービスは、次項で定める一部の有料サービスおよび機能(以下、「有料プラン」といい、有料プランの利用者を「有料会員」という。)を除き、無料で利用することができる 。
(2)yenta会員は、有料会員になることにより、有料プランの追加機能を利用することができる。最新の有料プランと利用料金に関する詳細は、下記ページとアプリ内の有料プランについてのページに記載のとおりとする。
https://yenta.talentbase.io/yenta/asct/
(3)有料プランへの申し込み後の契約の変更、撤回はできないものとする。
(4)利用期間の途中で有料プランの利用休止、または解約した場合でも、返金や日割り計算による精算は一切行わない。


第6条(決済・課金方法)

yenta会員は、有料プランまたは有料コンテンツの利用料金を、以下の各号で定める条件及び方法に従い支払うものとする。

(1)本サービスは、請求・収納代行業務を行うApple Inc.またはGoogle Inc. または当社が承諾したその他決済システム事業者(以下併せて「決済サービス事業者」という)が、AppStoreまたはGoogle Playストア、その他決済システム(以下併せて「本決済システム」という)で提供する自動更新型の定期購読型または随時課金型の課金機能を利用する。利用料金は、上記決済サービス事業者が定める決済手段および支払方法により請求・収納されるものと し、yenta会員はこれを承諾する。
(2)yenta会員は、yenta会員が決済サービス事業者との間で別途契約する条件に従い、当該決済サービス事業者に対し利用料金の支払いを行うものとする。yenta会員が決済サービス事 業者との契約条件を遵守しない場合は、当社は本サービスの利用を断る場合がある。
(3)決済サービス事業者は、yenta会員が支払期日を経過しても利用料金を支払わない場合、当社に対し当該yenta会員の氏名等の情報 を通知する。この場合、当社は、直接yenta会員に請求することがある。
(4)yenta会員は、決済サービス事業者との間で生じた紛争につき、自己の責任と費用において解決するものとし、当社に何等の迷惑をかけず、か つ損害を与えないものとする。また、当社は、かかる紛争に起因してyenta会員に生じる損害につき、一切の責任を負わない。
(5)yenta会員と決済サービス事業者との間の紛争に起因して当社が損害を被った場合、当該yenta会員は、当社に対しかかる損害を賠償するものとする。


第7条(課金の自動更新と解約)

(1)有料プランの利用料金の請求及び収納は決済サービス事業者が本決済システムで提供する自動更新型の 定期購読型課金の機能を利用するため、有料会員は、自ら本決済システムまたは本サービスを通じて解約手続きを行わない限り、課金が継続する。
(2)定期購読型課金機能の自動更新の停止及び解約をするためには、有 料会員自身において、申し込み済の購読期間終了の24時間前までに、決済サービス事業者が定める手順に従い解約手続きを行うものとする。なお、定期購読型課金機能の解約手続をしても、既に支払済の購読期間についての払 い戻し等は行わない。
※AppStore、GooglePlayストアでの定期購読型有料プランを利用している場合、本サービスの利用休止、解約、または本アプリのアンインストールをした場合でも、別途、yenta会員自らにおいて、決 済サービス事業者の定期購読型課金の解約手続を講じない限り課金は終了しない。


第8条(サービスの提供)

当社は、人と人との出会いをサポートするという本サービスの特性に鑑み、本サービスの提供 を、一定の条件を満たしたyenta会員に制限することがある。当社は、いかなる条件を定めるか完全な裁量を有するものとし、当該条件に基づいて利用を制限されたyenta会員に対して一切の責任を負わない。



第9条 (本規約の不適用)

(1)本サービスの附随アプリ(以下「付随アプリ」という)が発売された場合において、本規約各条項の適用が当該付随アプリに合理的ではないと当社が判断した場合、当該条項は付随アプリには適用されないものとする。
(2)前項の場合には、当該附随アプリの利用規約ページにその旨を記載するものとする。


第10条(利用者情報等の取扱い)

yenta会員は、自らが本サービスに登録したプロフィール情報を、自己の公開設定に従い、本サービス上で、yenta会員、利用企業または第三者が閲覧等することを予め了承の上、本サービスを利用するものとする。


第11条(会員登録)

(1)本サービスの利用を希望する者は、当社指定のソーシャルメディアのアカウントを取得し、そのアカウントを利用して本サービスに会員登録することが必要となる。なお、当社が指定するソーシャルメディアの種類は、本サ ービスの利便性向上のため、当社の判断により適宜追加されるものとする。
(2)本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、当社所定の方法で本サービスの会員登録をした時点でyenta会員となり、本サービスを利用することができるものとする。


第12条(会員の責任)

(1)yenta会員は、自己の意思及び責任をもって、本サービスを利用し、利用にかかる一切の責任を負うものとする。
(2)yenta会員は、プロフィール情報については、虚偽の内容を記載してはならず、yenta会員自らがその内容について一切の責任を負うものとする。
(3)yenta会員は、プロフィール情報をいつでも変更、追加、削除することができる。
(4)yenta会員は、プロフィール情報に変更・訂正があった場合には自己の責任において変更・訂正を行うものとする。


第13条(不保証)

(1)当社は、以下の事項につき何ら保証をするものではない。
① 本サービスにエラー、バグその他の不具合がないこと、サーバ等にウィルスその他の有害な要素が含まれていないこと、その他本サービスの提供のためのインフラ、システム等に一切瑕疵がないこと。
②本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、権利侵害などを含むが、これらに限らない)がないこと。
③ yenta会員による本サービスの利用が、第三者の権利を侵害するものではないこと。
④ 本サービス内の情報(yenta会員自らが記載したプロフィール情報を含むが、それに限定されない。)が正確かつ最新の内容を反映したものであること。
⑤本サービスの利用が、yenta会員にとって必ず有用であること。
⑥本サービスをきっかけとして開始したyenta会員の事業が成功すること
⑦ 当社において、yenta会員が本サービス上で送受信したメッセージ、登録したプロフィール情報、求人情報及びその他一切の情報を保存すること。
(2)yenta会員は、前各項に掲げる内容を十分に理解したうえで本サービスの利用に同意するものとし、本サービスの利用に際し、これらの保証がないことによる費用や損害の発生を防止するために必要な処置(資料等のバックアップの保管など)を、あらかじめ、自己の責任と費用において行うものとする。
(3)前各項に掲げる内容から発生する一切の損害につ いて、当社は何らの責任も負わないものとする。


第14条 (会員登録の抹消)

(1)yenta会員は自らの意思により、当社の定める方法によっていつでも本サービスの会員登録を抹消することができる。
(2)前項に関わらず、1年間本サービスのyenta会員個人の画面に1度もアクセスが行われない場合、会員登録は抹消されることがある。
(3)本サービスのデータベースに保存されている登録情報のうち、一定の期 間を超えるものは、本サービスのデータベース・メンテナンスの際に抹消されることがある。
(4)登録情報を抹消されたyenta会員は、特別な理由がない限り、再度yentaに登録して利用を開始することはできるものとす る。

なお、本条に基づき当社において本サービス会員登録を抹消した場合でも、有料会員については、別途、第7条規定の通り、自ら決済サービス事業者の定期購読型課金の解約手続を講じない限り、課金が継続する。

第15条(禁止事項)

yenta会員は、以下に定める行為又は内容・表現もしくはその恐れのある内容・表現を含むメッセージの送信、プロフィール情報の掲載等を行ってはならないものとする。yenta会員が禁 止事項に違反したと当社が判断した場合には、違反内容の削除、本サービスの全部又は一部の利用停止、退会処分、その他当社が適切と判断する措置をとることができるものとし、かかる措置に起因してyenta会員に何らかの損害が生じた場合であっても、当社は、yenta会員に対し、何ら責任を負わないものとする。

(1)当社の承諾のない商行為
① ネットワークビジネス関連(MLM、マネーゲーム等を含む)、無限連鎖講(ねずみ講)、 リードメールの勧誘等の情報、及びこれらに類する情報の送信・掲載等
② 商業用の広告、宣伝を目的とした本サービスの利用(但し、当社が承認するもの等は除く)
③ 当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を 問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信・掲載等
④ 本サービスの全部又は一部の利用権を譲渡する行為
⑤ 本サービスの全部又は一部の利用権をもって、現金そ の他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為

(2)他のyenta会員、その他第三者を中傷したり、名誉を傷つけたりするもの、権利を侵害するもの
① 他のyenta会員、その他第三者について、誹謗中傷もしくは侮辱する、又は名誉や信用を傷つける行為、表現・内容の送信・掲載等
② 人種、民族、性別、信条、社会的身分、居住地、身体的特徴、病歴、教育、財産等による差別につながる表現・内容の送信・掲載等
③ 本人の承諾のない個人情報(但し、一般に公開されている著名人などの情報は除く)の送信・掲載等
④ 第三者の商標権、著作権、著作者人格権等の知的財産権、肖像権及 びパブリシティ権等の権利を侵害する、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信・掲載等
⑤ 第三者の財産、プライバシー等個人の権利を侵害する、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信・掲載等

(3) 社会倫理や法令に反するもの
① 違法薬物、火器・けん銃など違法武器、爆発物の製造、売買春、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、傷害、詐欺、窃盗等の犯罪その他の法令違反行為を推奨・肯定・勧誘もしくは助長す る又はその恐れのある行為、表現・内容の送信・掲載等
② 犯罪その他の法令違反行為を推奨、肯定、もしくは助長する等、社会的に有害であるもの、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信・掲載等
③ 相手に恐怖 心を生じさせる目的で危害を加えることを通告する脅迫行為やストーカー行為
④ 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為、及び公職選挙法に抵触する行為
⑤ その他、法令もしくは公序良俗に違反するもの 、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信・掲載等

(4)良識に欠けるものや、品位に欠けるもの
① 殺害・虐待・自殺・自殺行為を肯定・勧誘あるいは助長する又はその恐れのある内容(殺害・自殺の方法な どを送信等する行為を含む)の投稿・送信・掲載等
② 過度に残虐又は暴力的な内容・画像(イラストや絵画等も含む)の投稿・送信・掲載等
③ 社会通念上、不適切と解釈され、又はその恐れのある表現・内容の投稿・ 送信・掲載等
④ アダルト画像、動画を含む内容(イラストや絵画等も含む)の投稿・送信・掲載等
⑤ 著しく性欲を刺激したりする内容・画像(イラストや絵画等も含む)の投稿・送信・掲載等
⑥ 性に関する表現で 、わいせつな行為、対象を連想させるもの、その他卑猥な表現・内容の投稿・送信・掲載等
⑦ 健全な社会通念に反し、品性を損なうような行為、表現・内容の投稿・送信・掲載等
⑧ その他、一般的に他のyenta会員が不快に感じる、又はその恐れのある表現・内容の投稿・送信・掲載等

(5)その他
① 個人、法人問わず、自ら又は組織等を偽る行為(不正に他人に成りすます行為も含む。)
② 宗教団体もしくはそれと同視し得 る団体への勧誘、布教、寄付等を求める、又はその恐れのある行為
③ yenta会員に対して金銭を懇請する行為
④ 虚偽のプロフィール情報等を入力する行為
⑤ 他のyenta会員に通報されるような行為、または通報され た対象行為
⑥ 一人で複数のアカウントを作成して利用する行為
⑦ 別のユーザーアカウントを利用する行為
⑧ 実名以外でアカウントを利用する行為
⑨暴力的な要求行為
⑩法的な責任を超えた不当な要求行為
⑪取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
⑫風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社若しくは他のyenta会員の信用を毀損し、又は当社若しくは他のyenta会員の業務を妨害する行為
⑬本規約に 違反する行為
⑭ その他、当社が不適切と判断する行為


第16条(情報などの削除、サービスの利用停止、アカウントの削除について)

当社は、本サービスを適正かつ円滑に運営するため、以下の場合 には予め通知することなく、データやコンテンツの削除、サービスの全部または一部の利用停止、又はアカウント削除等の措置を講じることができる。この場合、当社は、yenta会員の登録メールアドレス宛に、通知を送るものとする。さらに、当社はyenta会員が本サービスの全部または一部にアクセスすることを、恒久的または一時的に禁止することができる。

※ なお、当社において、本サービスの利用停止、又はアカウント削除等を行っ た場合でも、有料会員については、別途、第7条規定の通り、自ら、決済サービス事業者の定期購読型課金の解約手続を講じない限り課金が継続する。

(1)yenta会員が本規約等に定められている禁止事項に違反した 場合
(2)前項に定める場合に該当する恐れがあると当社が判断した場合。

また、本サービス上でのyenta会員間のメッセージのやりとりは、当社または第三者が閲覧することはありません。ただし、法令に基づく命令、判決、令状等による場合、または被害者保護のため、やりとりの一方当事者であるyenta会員から要請・許可がある場合に限り、当社がメッセージの内容を閲覧、削除等することに同意するものとする。また、当社がメッセージ内容を監視する義務を負うものではないことにも同意するものとする。


第17条(サービスの変更、中止等)

当社は、予めyenta会員に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することが出来る。
当社は、本規約等に基づいて当社が行った措置によりyenta会員に生じた損害について一切の責任を追わないものとする。

なお、サービスの中止等の場合においても、有料会員については、本サービス上の退会手続の他に、第7条規定のとおり自ら決済サービス事業者の定期購読型課金機能の解約手続を別途行わない限り課金が継続する。

第18条(責任の範囲)

当社は、yenta会員同士の交際・交流を含む各種トラブル(以下「トラブル」という。)について一切の責任を負わず、yenta会員自らが責任を負うものとする。yenta会員は、当社がyenta会員の犯罪歴や素行調査をしないこと を理解するものとする。
また当社は、本サービスの健全な運営、サービス向上のため、本規約等に違反しているおそれのある悪質なyenta会員を監視・排除する権利を有し、必要に応じyenta会員登録を抹消する場合がある 。


第19条(契約期間および契約の終了)

(1)本契約は、本サービスの会員登録の日から始まり、yenta会員登録の存続する限り有効とする。yenta会員は本サービス上の退会機能から解約手続きを行う ことで、任意に本契約を終了させることができる。但し、有料会員については、本サービス上の退会手続の他に、第7条規定のとおり自ら定期購読型課金機能の解約手続を別途行わなければならない。
(2)有料会員以外のyenta会員が(本サービスに最後に接続した日から数えて)6ヵ月間本サービスを利用しない場合、当社はそのアカウントを無効にすることができる。


第20条(免責事項)

(1)当社は、本規約の各条項に定めるものの他、本サービスへの登録またはその利用に起因してyenta会員または第三者に生じる一切の損害(精神的苦痛、又はその他の金銭的損失を含む一切の不利益)に関して、原則として責任を負わないものとする。但し、かかる損害が、当社の故意又は重大な過失に起因する場合には、通常生じうる損害の範囲内、かつ、有料サービスにおいては代金額(継続的なサービスの場合は1か月分相当額)を上限として、損害賠償責任を負うものとする。

(2)当社は、当社自身が提供する情報以外に、会員が本サービスに登録し、掲載する情報の真実性、完全性、網羅性、正確性、合法性、安全性、有用性、有効性、適切性等(以下「真実性等」という。)について 、何ら保証するものではなく、それらの情報から発生する一切の損害について、何らの責任も負わないものとする。
(3)yenta会員の掲載する情報の真実性等に関連して、当社が他のyenta会員または第三者から苦情を受 け、または何らかの請求をされた場合、当該情報を掲載した会員は、自らの費用及び負担でこれに対応するものとし、当社を免責するものとする。
(4)前項にも関わらず、当社がyenta会員の掲載する情報の真実性等に関連して損害賠償その他金銭的給付を行った場合には、当社は当該情報を掲載したyenta会員に対し、その全額を請求できるものとする。


第21条 (本規約の変更)

当社は本規約を随時変更することができ るものとする。変更の内容は、変更日から起算して1ヶ月前より本サービス上に表示して周知する。yenta会員は、変更内容に同意しない場合、第18条第1項に基づき、本契約を終了させることができる(但し、有料会員につ いては、本サービス上の退会手続の他に、第6条規定のとおり自ら定期購読型課金機能の解約手続を別途行わなければならない。)。yenta会員は、変更日においても本サービスの利用を継続した場合、当該変更を了承したものとみなす。




第22条 (損害賠償)

yenta会員が、本規約に違反し、当社に対し損害を与えた場合、yenta会員は、当社に対し、直接・間接を問わず一切の損害の賠償義務を負担する。


第23条 (準拠法及び管轄裁判所)

本規約に関する紛争については、日本法を準拠法とし、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第24条(分離)
いかなる管轄の法律の下で、本規約のいずれかの条項が違法、無効又は強制不可能とされたとしても、他の管轄の法律の下ではその適法性、有効性又は強制可能性に何らの影響をも及ぼさず、また他の条項の適法性、有効性又は強制可能性に何らの影響をも及ぼ さないものとする。


(附則)
2016年1月27日制定2016年1月27日適用
2017年3月6日改訂2017年3月6日適用
2018年3月8日改訂2018年3月8日適用
2020年4月1日改訂2020年4月1日適用
2020年5月11日改訂2020年5月11日適用
利用規約 | 個人情報保護方針